Copy of Copy of 2010-2011 Zyklus der 32 Klaviersonaten Ludwig van Beethovens auf Einladung der Sächsischen Staatskapelle Dresden

2010-2011

ゼンパー・オーパーで、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの32 のピアノ協奏曲のサイクルとライブ演奏のCD録音

「ベートーヴェンの32 のピアノ協奏曲のサイクルはハンス・フォン・ビューローによると、ピアノ音楽の『新約聖書』であり、それに基づくと『調和のとれたピアノ』は『旧約聖書』である。
私にとって、この全作品の最大の重要性は、それが人間、ベートーヴェンに全生涯、伴っていたことである。少なからぬソナタの中で、特別な形で、彼の気分が反映されていることは別にして。彼がどの女性に恋に陥っていたかがわかる‐彼はいつも彼に合わない女性に恋し、そのせいで不幸な恋に陥っていた。(…) 私がこれによって言いたいことは、ベートーヴェンの全ての創造の中でも絶対的な圧巻を表している、これら32 のピアノ協奏曲の中に私たちが見つけるもの以上に一人の人間のより個人的な表れはないだろうということである。」
— R.B.
 © Lucas Beck

© Lucas Beck

 

 

David Skudlik