Copy of Copy of Seidlhofer

 ブルーノ・ザイドルホーファー教授との対話で

ブルーノ・ザイドルホーファー教授との対話で

 マリアンネ・ラウダ教授とのブリュッセルの万国博覧会での演奏会

マリアンネ・ラウダ教授とのブリュッセルの万国博覧会での演奏会

「先生に恵まれたことは、私の大きな幸運だった。最初に私はマリアンネ・ラウダ教授のもとで学び、その後、大学でブルーノ・ザイドルホーファー教授のもとで10年間勉強した。
ブルーノ・ザイドルホーファーとは私は素晴らしい関係にあった。1958年に彼の特別クラスに受け入れられた。彼は、言葉数の少ない人だったが、弟子にはいつも体で接した。彼が弟子の肩のどこかを押したとき、弟子はルバートのどこかが合っていないことに気づいた。それが彼の授業のやり方だった。生まれつきの技術的な才能がない者だったら、彼のもとで学ぶことは無意味だっただろう。彼の有名な弟子を見てみると、フリードリヒ・グルダ、マルタ・アルゲリッチ、ネルソン・フレイレ、ジャック・クライン、アレクサンダー・イエンナー、ディーター・ヴェーバー。私たちは皆、神様から、音楽を演奏するための、ピアノを弾くための何かをもらった。技術的に劣った弟子だったら彼の所ではチャンスはなかっただろう。でも私たちは、非常に多くを彼から得た。」
— R. B.
David Skudlik